オイルフィルター

【エンジンオイルフィルターのお役目】オイルフィルターなどんな働きをしているの?

バイクや車を人間に例えて、エンジンが心臓で、
エンジンオイルが血液という言われ方をされます。

そして、オイルフィルターは腎臓に例えられます。

それは、腎臓が血液の不純物を取り除くように、
オイルフィルターがエンジンオイルのスラッジなど
不純物を取り除く重要な役割を担っているからです。

なぜ、オイルフィルターを交換しないといけないの?

エンジンを運転することで、エンジンオイルには
スラッジや金属粉など不純物が溜まっていきます

その不純物を除去するのがオイルフィルターの
お役目なのですが、その能力にも限界があります。

スラッジや金属粉などを一旦エンジンオイル内に取り込み、
それをオイルフィルターでろ過するということに
なりますが、それを永遠に続けることはできないのです。

なぜなら、ろ過したものが溜まっていくからです。

空気清浄機やエアコン、掃除機のフィルターも
定期的に清掃したり交換したりしますよね。
同様に、オイルフィルターも交換が必要となります。

もしもオイルフィルターを交換しないままでいると、
フィルターが目詰まりをします。

目詰まりすることで、十分なエンジンオイルが
エンジン内を循環しなくなります

エンジンオイルが循環しないとすぐに大きな
ダメージをエンジンが受けるので、フィルター部を
経由せずにバイパスさせてオイルが
循環することになります。
(リリーフバルブ:逃がし弁が開きます)

そうなると、オイルフィルターでろ過されていない
エンジンオイルが循環し続けることになるので、
大きなダメージをエンジンが受け続けることになります。

ということで、オイルフィルターに重要な
お役目を果たしてもらうためにも、
定期的な交換が必要なのです。

その交換周期は、
エンジンオイル交換2回に1回というペース
が一般的な推奨周期です。

もちろん、費用や時間がかかってもエンジンのことを
最優先で考えるということであれば、エンジンオイルを
交換するたびにオイルフィルターも交換するというのは
良いことです。

エンジンオイル交換だけの場合、オイルフィルター内に
古いエンジンオイルが残留しているので、
エンジンオイル交換のみの場合には、
交換されないままの一定量(オイルフィルター分)の
エンジンオイルが新しいオイルと混ざることになります。

つまり、
エンジンオイル全量がオイル交換できているわけでは無い
のです。

それを回避するには、
エンジンオイル交換毎にオイルフィルターも交換する
ということになります。

一般的にはオススメ出来ませんが、当サイト管理人は、
エンジンオイル交換毎にオイルフィルターを一度外して
古いエンジンオイルを排出し、再度組み付ける
ということをしていました。

そして、
オイルフィルター交換はエンジンオイル交換2回に1回
というペースにしていました。

もちろん、Oリングの状態も確認してから組み付けていました。

いずれにせよ、オイルフィルターは大事なバイク
にとっての重要な機能を果たす部品の一つであり、
定期的な交換が必要です。

推奨される交換周期を目安に、きちんと交換して、
快適バイクライフを満喫しましょう。

関連記事

  1. オイルフィルター

    【エンジンオイルフィルターの交換方法】どうやって交換したらいいの?

    エンジンオイル交換を自分でやるなら、オイルフィルターも自分で交換し…

  2. オイルフィルター

    【エンジンオイルフィルター交換に必要な用品】フィルター交換に必要なモノは?

    エンジンオイルフィルターの交換を自分でやる場合に必要となるモノを紹…

ブログランキング

いつも応援ありがとうございます!!
ポチッとしていただけるので、励みになっています。



バイクランキング


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

  1. エンジンオイル

    【エンジンオイルの役割】どんなお役目があるの?6つの役割
  2. RevNote

    【便利アプリ紹介|RevNote】7つの機能と登録方法を紹介
  3. 困りごと対策

    【雨対策】雨の日の視界確保_シールド(バイザー)の視界良好_ゼロワイパー
  4. エンジンオイル

    【エンジンオイル交換方法】どうやって交換すればいいの?
  5. エンジンオイル選び

    【どうするエンジンオイル選び】無難な純正_ヤマハ・ヤマルーブ
PAGE TOP